町田市の子育て支援まとめ

町田市は共働き・子育て世代の穴場エリアです!

「子どもの為にも、住居は緑の多い郊外へ…」と考える人は多いのではないでしょうか。
でもちょっと待って。
都内への買い物の利便性が良い所から、突然、自然いっぱい、
逆に言うと商業施設の少ない地域への引越しは、その後の生活への影響が少なくありません。

「えっ、じゃあどうしたらいいの?」

そこでオススメしたいのが町田市です!

  1. 町田駅前には商業施設が立ち並び、買い物の利便性は抜群
  2. 駅から少し離れれば、自然いっぱいの環境
  3. 町田駅から新宿まで小田急線で約30分、横浜駅まで横浜線で約30分の利便性の良さ
    そして、
  4. 行政も子育て支援を積極的に行なっている

ここからは、気になる町田市の子育て支援を抜粋してご紹介します!

町田市の子育て支援を抜粋してご紹介!

頼りになる支援施設

・子育て支援センターまあち

まず最初に、子育て期に頼りになる施設、子育てセンターまあちを紹介したいと思います。

  • 「ちょっとしたことを相談できるママ仲間が欲しい…」
  • 「雨の日に子どもを遊ばせる場所がない…」
  • 「他の子どもと一緒に遊ばせたい」
  • 「子ども向けイベントなどに参加したい」

断然おすすめなのが、小田急町田駅から徒歩8分の子育てセンターまあちです。
0〜18歳の子どもとその保護者が利用できる施設です。

  • 裸足でのびのび遊べるウッドデッキ
  • 広い体育館(まちぴょん)
  • 工作ができるクラフトルーム(まちちょき)
  • 乳幼児のためのプレイルーム(まちぱぴ)
  • ダンスの練習や映画鑑賞ができるダンス・シアタールーム(まちすた)
  • バンド練習ができる音楽スタジオ(まちおと)
  • 図書コーナー(まちよみ)
  • 学習コーナー(まちべん)

などなど、小さい子どもから高校生まで、楽しめる施設が揃っています。

また、イベントも開催しています。(※緊急事態宣言の延長によりイベント中止の可能性があります。詳細は子育てセンターまあちを確認してください。)

  • 乳幼児を持つママのママ会(OPEN MAMAMO(オープンママモ))
  • 乳幼児向けおはなし会(おはなし・ぽん!)
  • 小学校低学年向けクラブ活動(まあち☆スタークラブ)

などなど。

ぜひ、親子で遊びに行ってみてください!
利用料はなんと無料です!!
小さな頃からまあちに通って、地域の友達ができて、そのうち仲間とダンスやバンドを始めたりして…。
成長期の子どもの、とても大事な居場所になりそうですよね!

町田駅から一番近いのはまあちですが、
町田にはこういった子育てセンターが各地域にあります。
詳しくはまちだ子育てサイトをご覧ください。

一番心配な妊娠・出産期支援

・しっかりサポート面接

町田市では、町田市民の妊婦さん全てに、しっかりサポート面接を行なっています。

  • 「妊娠中はちょっとしたことで気持ちが不安定になってしまい、困っている…」
  • 「はじめての出産で、どこに何を相談したらいいかわからない…」
  • 「出産後にサポートしてくれる人が近くにいないけど、どうしよう…」

子どもが産まれるのは楽しみですが、同時に不安もたくさんありますよね。
町田市では、保健師さんなどの専門家が、妊婦さんひとりひとりと面接をして、
不安に思っていることの相談に乗ってくれます。

なお、面接をした人全員に、出産・子育て応援商品券一万円分を下さるそうですよ!
出産は物要りなので、とても嬉しいですよね!
※必ず、母子手帳を持参してくださいね!

・育児支援ヘルパー(産後のお母さんと赤ちゃん向け)

どうしても手が足りない!そんな時に頼りになるのが育児支援ヘルパー制度です。

  • 「今は仕事をしていないから、私ががんばらなきゃ…」
  • 「ヘルパーさんに頼むと高いんじゃないの?」

そんなことはないので、一度ヘルパーさんにお願いしてみてください!
心のゆとりができて、育児が少し楽になるかもしれません。

  • お子様1人の場合は生後1歳の前日まで(累計60時間まで)
  • 2時間1,640円〜、交通費実費、キャンセルの場合はキャンセル料がかかります

2時間で1,640円〜ということは1時間あたり820円〜!?
これは上手に使いたいですね!

共働きには重要!子どもの預け先に関する支援

・マイ保育園

町田市の子育て支援の中でも特に大注目な制度は、マイ保育園制度です。

  • 「保育園入園前に、近くに気軽に相談できるところが欲しい」
  • 「子どもを行かせたい保育園があるけど、中に入って雰囲気を知ることはできないのかしら」

そんな時には、町田市のマイ保育園制度を利用しましょう。
0才〜就学前までの、保育園、幼稚園、認定子ども園等の施設に入園していないお子さんが対象です。
マイ保育園を決めて、かかりつけ窓口として登録すると、
育児相談ができたり、育児講座やイベントへの参加等ができるようになります。
1人3園まで登録可能です。

・子どものショートステイ(宿泊保育)・トワイライトステイ(夜間保育)

今日だけはどうしても子どもの面倒をみる人がいない!そんな時はショートステイトワイライトステイ

  • 「いつもは親に面倒を見てもらうのだけれど、今日だけは無理…」
  • 「今日は夜遅くまで出かけなければならないけど、子どもは連れていけない…」

ピンチ!そんな時はショートステイトワイライトステイを利用しましょう。
ショートステイは保育士が泊まり込んで子どものお世話をしてくれます。
(生後3か月から2歳未満の子どもが対象で、1泊2日6,000円です。)
トワイライトステイは帰宅が遅くなる時などに、子どもの食事やお風呂のお世話をしてくれます。
(9時から22時まで。4時間以内1,000円〜)

・送迎保育ステーション

保育園が遠くて毎日の送迎が大変…そんな時には送迎保育ステーションです。

  • 「保育園が駅とは逆方向にあって毎日の送迎に時間がかかる…」
  • 「保育園の預かり開始時間が少しだけ遅い…」
  • 「駅前に保育園があればお迎えも楽なのに…」

保育所等に通う子どもを持つ家族の中では、あるあるですよね。
ぜひ、町田市の送迎保育ステーションを利用しましょう!
小田急町田駅から徒歩5分の送迎保育ステーションでは、
朝、保育所等に登園するまでの間、そして、
夕方、保育所等から帰ってきて家族が迎えに来るまでの間、一時保育をしてくれます。
つまり、駅から遠い保育園に通っていても、
町田駅前で朝夕の送り迎えができてしまうという画期的なサービスです!
これを利用しない手はありません。
送迎対象施設に入所するクラス年齢1〜5歳児が対象で、利用料は月額2,000円。
(延長保育は別途料金です。)

・学童保育クラブ

子どもが小学生になったら、学童保育クラブも利用できます。

  • 「小学校低学年の間は、1人でお留守番をさせるのは心配…」
  • 「他の子どもたちと交流できるところで遊ばせたい」

町田市には学童保育クラブが40箇所以上あります。(2019年11月01日時点)
市内在住の小学校1〜3年生まで(障がいのある児童は6年生まで)の児童が対象です。
育成料は世帯の所得によるので、詳しくはまちだ子育てサイトをご覧ください!

子どもの医療費に関する支援

・マル乳医療証(乳幼児医療費助成制度)

小学校未就学児の医療費はかかりません。

  • 「子どものうちは病院にかかる機会も多くて、医療費の負担が大きい…」

そんな時でも大丈夫。マル乳医療証があります。
都内の医療機関で受診する際に保険証と一緒に提示すれば、自己負担なしで受診できます。
保険適用外のもの(薬の容器代、健康診断、予防接種…等)は対象になりませんのでご注意ください。
都外で受診しても、支給申請すれば負担分は後日戻ってきます。
市内に住む小学校未就学児で各種健康保険に加入している子どもが対象です。
保護者の所得制限はありませんので、ほぼ全ての子どもが利用できます。

・マル子医療証(義務教育就学児医療費助成制度)

小・中学生も医療費はかかりません。

  • 「部活をやり始めてから怪我が多くて医療費がかかる…」

マル子医療証というものもあります。
都内の医療機関で受診する際に保険証と一緒に提示すれば、自己負担なしで受診できます。
保険適用外のもの(薬の容器代、健康診断、予防接種…等)は対象になりませんのでご注意ください。
都外で受診しても、支給申請すれば負担分は後日戻ってきます。
市内に住む小・中学生で各種健康保険に加入している子どもが対象です。

なんと、2021年4月1日から所得制限が撤廃されました!!

子どもの教育費に関する支援

・通学費補助金

小・中学生への通学費補助金もあります。

  • 「自宅から離れている学区の小学校に通わせたいが、通学費がかかる…」
  • 「子どもが隣の学区の中学校に通いたいと言っているが、通学費の面でどうしたものか…」

通学費補助金を利用しましょう。
町田市立小・中学校に通学する際の通学定期券の一部を補助する制度です。
1ヶ月の通学定期代金の3分の2の額を助成してくれます。
対象となる条件がありますので、詳細はまちだ子育てサイトで確認してください。

・就学援助金

小・中学生への就学援助金もあります。

  • 「子どもが小学校のうちは共働きできないので、学費の支出が家計を圧迫する…」
  • 「新型コロナウイルスの影響で収入が減って、学費の支出が苦しい…」

生活スタイルの変化による収入減少があっても、安心して子どもを育てられますね。

まとめ

今回は、町田市が共働き・子育て世代におすすめな理由のうち、
行政による子育て支援を中心にお話ししました。
紹介したのはほんの一部!書ききれないくらいの支援制度がありました!
まちだ子育てサイトをよく読んで、
上手に支援制度を利用して、地域ぐるみで楽しく子育てしたいですね♪

町田市に住めば、こんなに素敵な支援が受けられるのね…と思った方は、
町田市の物件の情報をチェック!

住まい安心のおとりつぎ!
朝日土地建物株式会社

昭和60年創業・ご成約件数5万件の安心と実績!東京都・神奈川県・埼玉県に13店舗展開している朝日土地建物なら、あなたの住みたくなる不動産物件がきっと見つかります!